管理に必要な知識

コピー機

ビル管理は建物施設における幅広い範囲を対象にしたメンテナンス業務を行う、物理的な安全を確保する上で重要な業務となっています。その業務範囲は具体的に、基本的な外見の清掃・衛生管理の他、空調・消防などのビル常設備管理業務や巡回・警備業務などと、多岐に渡るものとなっています。 こうしたビル管理は一般的に、専門の業者に依頼して招くケースが多いとされます。その場合は管理する設備の面積や数ごとに一定の料金基準が設けられており、ビル管理を依頼する範囲の度合いに応じて料金が変化するとされています。 ただしそうした料金設定に関して、業者ごとに基準を指定する面積や数の単位がバラバラとなっており、正確な相場算出は難しいとも言われています。 したがって現状では、事前の見積もりによって算出基準と併せた費用の比較をする方が良いとされます。

現代のビル管理の費用は、依頼者側の経済状況やコスト削減への動きなどと相まって、だいぶ低くなったと言われています。現実問題としてビル所有者側がビル管理の費用を言わば後回しにする傾向があるとされており、受注のために料金を安めに設定する傾向があるともされています。 したがって、現在では業界挙げての料金システムの再構築が必要だとする声も挙げられています。 一方で、業者によってはビル管理システムの一部を、コンピュータを活用した完全自動化による仕組みを使う形式を開発しているともされています。これによりビル管理者が常時管理システムの前に居る必要性が薄れ、設備の状態把握が以前より迅速に行いやすくなるとされており、適切なコスト効率化への働きかけとなる事が期待されています。