人気が集まる

ビル

現在、賃貸オフィスに人気が集まっています。その理由は、自社物件より賃貸物件のほうが固定資産税などの税金がかからないゆえです。また、自社物件よりも移転やそれにかかる手続きが簡単です。 賃貸オフィスの賃料の金額は、地域によって大きく異なります。東京都は高額で、地方都市は安い傾向にあります。とくに、東京の23区は高額な賃料です。50人程度を収容できる、一般的な広さの賃貸オフィスの賃料の平均金額は20万円ほどです。ビルごと賃借すると、100万円を超します。東京都心5区における平均金額は、23区よりも若干安めです。 一方、地方では10万円前後で借りることができます。北海道や福岡に至っては8万円ほどの賃料です。

賃貸オフィスは、以前はあまり注目されていませんでした。その理由は、企業が資産価値を重視していたゆえです。そのため、賃貸ではなく自社物件のオフィスを構える傾向にありました。 しかし、しだいにあえて賃貸のオフィスを構える企業が増加しました。その理由は、景気が短期間で好転と悪転を繰り返す経済状況に変化したゆえです。また、回転が速くなったモノやサービスの動きに対応するためでもあります。賃貸オフィスによってフットワーク軽く移転することで、変わりゆく景況に対応しやすくなります。 最近では、地方の賃貸オフィスが人気です。地方の賃貸物件、広くて静かな環境で仕事を行うことができます。とくに、インターネット関連の会社が賃借契約をしています。